ぺりぺりぺ

国内・国外問わず政治問題、学歴・貧富の格差社会など社会問題を始めエンタメ・節約ネタ・大学生活・にゃんこ、ハリネズミとのイチャイチャ日和など幅広く書きます

小学生大会こそ全国規模にしてあげて

ぺりかんです。先々週からスプラトゥーン小学生最強軍団決定トーナメントが名古屋・東京・福岡・大阪でやっているんですよ。どうもツイッターを見る限り抽選倍率は結構高かったらしくて、4地区全部応募したけど全落ちという小学生のお子さんをお持ちのママの悲痛な声が聞こえてきました。小学生に限定しているので(前に年長さんが出ていたけれどw)小学校6年生なら最後の思い出に出させてあげたい・出たい気持ちもあっただろうなあ、時期的にもいい時期だしね。中学受験する子はもうだいぶ終わった頃だし。と考えるとしみじみ。

 

ぺりかんも地方、それもドドド地方出身ですが、小学生の頃に地方格差を感じさせられたことってなかったんですよ。これがいいのか悪いのかはわからないんですが。ひしひしと地方格差を感じたのは中学生くらいだったかなあ、当時ラブベリーとかピチレモンハナチューっていう雑誌が流行ったんだけど、そこで紹介しているブランドは四国にない、読モはほとんど東京在住。イベントごともほとんど東京、せいぜい大阪か福岡があるかなってくらいでああ地方ってファッションや流行についていくのには不利なんだなっていうのが最初のさわりだったわけだけれど、決定的だったのは大学受験かな。大手予備校が一つもない、難関大学っていう大学を受けようものには受験費の他に莫大な交通費・宿泊費。私の高校がアだったのもあるけれど模試もあんまりレベルの高い模試は受けられない。関東圏、関西圏の拓けたような環境と打って変わって排他的な異様な国公立信仰。おっと話が逸れてきた。これ以上言うと高校の進路方針に喧嘩を売っているようなのでこの辺で止めたいと思います。まあ要は地方の高校だとレベルの高い高校が限られてくることや予備校の少なさから、他の学校の友達の勉強法やレベルを知る機会が異様に少ないので、まさに井の中の蛙状態になります。ケロケロ🐸

 

このスプラトゥーン小学生最強軍団決定トーナメントなんですが、前述の通り名古屋・東京(開催地は千葉)・福岡・大阪の4地区でしか開催されていなくて、要は主要都市に絞っての開催なんです。この大会は次世代ワールドホビーフェア'18 Winterと兼ねての開催なのでまあ仕方ないと言う気もするんだけれどさ、小学生でスプラトゥーンをしている子たちがどれだけいるんでしょうか。コロコロコミックでもスプラトゥーンの漫画が出されるくらいですよ。これが春休みのシーズンなら旅行も兼ねて大会にエントリーってこともできるかもしれないけど時期も時期。行かせてあげられる親御さんって少ないと思うんですよ。ましてやチーム戦だから4人必要。きょうだいで出ているチームもいたけど4人全員きょうだいのチームは1つも見たことがない。自分は地方に住んでいて東京や大阪まで行かせてもらえるけど友達のお家はダメだ、その逆もあるでしょう。住んでいる地域ゆえに涙を飲んだ小学生だっているはずなのですよ。私も愛媛大会や四国大会があったなら助成金出すから開催して欲しかった。

 

地方在住の小学生もかつての私のように少しづつ地方が不利というか、地方と都市圏の格差を少しづつ知っていくことにはなるだろうとは思うのですが、小学生の時点で地方に住んでいるから不利って思って欲しくないんです。ましてやゲームって家庭環境によっての格差はあるかもしれないけれど、地方と首都圏の格差を感じないものの一つだと思うんです。ゲーム機とモニター、Wi-Fi環境さえあれば、東京の子だって離島の子だって楽しめるのがゲームなんですよ。インターネット上の対戦の延長としてこの大会があるわけだけれども、やっぱり全国規模でやって欲しかった。一般向けのスプラトゥーン甲子園は四国大会も中国大会も東北大会もあるんですよ。一般のプレイヤーの方が多いにしても、前述の4地区全落ちや地方在住で諦めた人たちもいるわけだから需要は大いにあったはず。この大会はホビーウェアと兼ねて開催していることもあってこのイベントがなかったら小学生大会の開催自体がなかったかもしれないから4地区開催できただけでもよかったのかな、という捉え方もできるけれど、次からはぜひもっと地区の数を増やして開催してほしい。任天堂の会社のカラーからしてみても、もっとdiversityに子どもたちに夢を与えてほしい、と切に願っております。世界を塗り替えなイカ?の前に、日本全国を塗り替えなイカ?