ぺりぺりぺ

国内・国外問わず政治問題、学歴・貧富の格差社会など社会問題を始めエンタメ・節約ネタ・大学生活・にゃんこ、ハリネズミとのイチャイチャ日和など幅広く書きます

殺処分と保護猫について思う

ぺりかんちゃんです。私はニャンコをブリーダーさんから譲り受けました。ペットブームはもちろん、核家族・晩婚化の影響もあってペット産業は年々拡大しているとは思います。

 

私も過去ブリーダーさんからではなくペットショップから買おうか悩んだことがありますが、やっぱりペットショップの裏事情とか知ってしまうとどうしても買えなかった。(もちろん全てのペットショップがそうではないとは思うけど。)気になる方は「ペットショップ 売れ残ったら」でググって見てください。闇が深すぎます。いやいや、ぺりかんがペットショップで買ってあげたら猫の命1つ救うじゃんって思う人もいるかもしれませんがペットショップ産業に加担することで仕入れが増えてしまうのです。ペットショップでのお迎えを視野に入れない人が増えることでペットショップの仕入れ数が減り、必然的に悲しい運命に回る子の絶対数が減るだろうと言う考えです。まあペットショップ店員からしたら美味しくない話なんですけどね。

で、基本3ヶ月を過ぎた犬猫は基本買い手がつきにくくなります。他にも柄の出方が悪かったり、顔があまり可愛くない、など。やっぱり売れる子っていうのは月齢が若く、見た目が整った子、である。これは婚活界隈でも言えることである。私も過去ペットショップに行った時に、ある程度月齢が過ぎて居てお世辞にも顔が整って居ない子が売れ残って居たのを見たんだけど、値段が周りの子達とあまりにも乖離し過ぎて居て、ああ、そういうことなのか。と。ペットショップによっては1万円祭とか3万円祭とかしているところもあって、殺処分に回すよりは・・・とか、せめてワクチン代だけでも回収したいって気持ちの表れなんだろうけど、見てて苦しいものがあります。

 

小さい頃に親から引き離されて小さなショーケースに入れられて、落ち着く真っ暗な小屋もなく不特定多数の人間が立ち寄るペットショップの犬猫は見ていて辛いものがあります。なんか、もう商品価値を吟味する会みたいになっていて辛いのです。あまりにも短すぎる賞味期限。そこでもらわれるかもらわれないかのふるいにかけられるわけだけどもらわれたら基本的には生涯家族の一員として大事に大事にされる、もらわれなかったら殺処分にかけられるケースもある。その差があまりにも大きすぎる。もらわれても捨てられることもあるだろうから辛いっすね。猫はそうでもないけど、犬は横を通る時にこちらを見て尻尾を振って吠えてくる子もいます。いかにも「連れてって!」と言っているようで、なんかもう、辛い。

 

 

あと保護団体から猫をもらうという手もありますねえ。私も猫に詳しいならそういう手もありかなと思ったけど、1匹目で保護猫はなかなかハードルが高かった。前にも書いたけど基本保護猫ちゃんたちは一度人から捨てられた過去があるゆえになかなか人に心を開かない上に、保護猫の団体によっては結構審査が厳しい(高齢者はNGはわかるんだけど、単身者不可のケースも多い。譲渡前に飼育環境のチェックで家に来たり、譲渡後も状況報告をマメにして欲しいといった色々と制約があるところも多い)ので私には難しいと感じやめました。でも次2匹目を買うとなったら保護猫から譲り受けることも視野に入れたいなとは思います。

 

 

有名Youtuberさんが猫を飼い始めると決まって保護猫を飼って欲しかったといった類の声がコメント欄に上がってるんだけど、正直それはお門違いだし自分のエゴを他人に押し付けるのは間違ってるんじゃないかなと思うのね。そもそも長く余生を共にするわけだから血統書付きにこだわる人もいるだろうし、その気持ちは私もわかる。血統書付きが欲しければ自然と保護猫は候補から外れるだろうし、その人がどう言う猫を求めてるかによって変わってくるよね。2匹目以降ならそういうコメントもあってもいいかな、とは思うけど1匹目で保護猫はハードルが高いよ。それに誰がどういうところを経由して生体をお金出して買ったりもらってくるなんてその人の勝手だと思うのよ。保護猫云々言う人は自分が保護猫飼えばいいじゃん。保護猫を飼った経験のある人ならばその大変さがわかるだろうから一概に他人に押し付けるようなことはしないだろうし、結局世間のペットブームに疑問点を持っていながらも自分は特にそれに実質的に関与していない人が無責任に言ってるようにしか思えない。

 

 

まあこんな感じか。結論、猫は可愛い。