ぺりぺりぺ

国内・国外問わず政治問題、学歴・貧富の格差社会など社会問題を始めエンタメ・節約ネタ・大学生活・ハリネズミとのイチャイチャ日和など幅広く書きます

そうだ、Tバック、履こう。

ぺりかんです。もともとTバックに対してはかなりマイナスイメージを持っていました。だってちょっと遊び女みたいな?感じがするよね。

 

ただ最近、Tバックが大好きになってしまいました。

そもそもTバックは買おうと思って買ったんじゃなくて、今年の下着メーカーの福袋にたまたま入っていたり、ブラショーツのセット売りのものでTバックしか在庫がなくて渋々買ったもの。などなど。

最初Tバックを履いてみたらあれなんですよ。お尻に違和感。そりゃそうだ。

でも慣れると違和感なく履けます。

 

 

で、Tバックのメリットを書いていくわよ。

 

1 肌荒れ対策

これね、私が一番気に入ったのはこれ。肌荒れというかフルバックパンツのゴム負け?がない。私自身肌がちょい弱いので、よくフルバックパンツのお尻のゴムが当たるところが少し負けてかぶれちゃうんですよ。ただTバックにしてから少しづつゴム負けがなくなってきて、お尻がいい感じに。良いよ。

 

2 ムレ対策

女性ってのは大変なもので、生理じゃなくてもおりものという厄介なものがあります。これはホルモンバランスによって量が変わってくるのでなんとも言えないのですが、体感的に体調を崩したり気圧変化が著しいと増えます。その時にフルバックだとどうしても若干ムレる感じになるんですが(パンツの素材による。サテン系のものはムレやすい感はある)これが結構軽減されます。

 

3 パンツライン対策

ぴっちりしたデニムやスカートを履く時に気になるパンツライン、そんな問題にもTバックだとへっちゃらです。あとコスプレイヤーとかレースクイーン、キャバ嬢などなど日常的にぴっちり衣装を着る方にはいいんじゃないだろうか。まあパンツライン出てる方がわい個人的には興奮しますがw

 

4 ムダ毛対策

アンダーヘア対策になります。以上。

 

5 なんとなくセクシーにキマる

まあえっちいことする時に可愛い系の下着でもセクシーに見せたり、セクシーな下着ならもっとセクシーに映えると思います。

 

 

 

デメリット

 

1 親世代の目は厳しい

前におかんにTバックが見つかったことがあるんですが、ドン引かれました。親世代でTバックを履く人ってグラビアやアダルト系の人が多そうだし、あまり理解はされないかも、です。同じく温泉に行く時も引かれる可能性があるのでそのような場合はフルバックのおパンツで行った方がいいと思います。

 

2 食い込み違和感

まあこれは個人差があってすぐ慣れる人といつまでも慣れない人がいます。私は結構慣れたけど慣れるまでがちょっとしんどいかもですねえ。

 

3 物によってはセットで揃えられないことも 

やはりTバックがいいとは言ってもまだまだマイノリティなのは事実。基本ブラショーツのセット売りのものはブラ+フルバックパンツです。

 

 

まあ要は食い込みに慣れればこっちのモンですw