ぺりぺりぺ

国内・国外問わず政治問題、学歴・貧富の格差社会など社会問題を始めエンタメ・節約ネタ・大学生活・ハリネズミとのイチャイチャ日和など幅広く書きます

buyma出品のメリットデメリット

大学の傍ら始めた輸入業なんですが

最近はbuymaに手を出し始めました。

 

基本私はebayから輸入して

ヤフオク・メルカリ・フリルに流すんですが

ブランド品であればbuymaに流すという手があります。

 

buymaのメリットは何と言っても無在庫販売

手元に商品がなくても出品ができます。

(基本ヤフオクやメルカリやフリルは手元に商品がない場合の出品が禁止されています)

だから在庫を抱えるリスクがありません。

注文がかかってから仕入れができるので確実に利益を出せます

(輸入業始めた頃は自転車操業というのか、利益が出ても仕入れに〜みたいな感じで利益が出ている感じがあまり実感できない)

 

デメリットとしては現地バイヤーがいるので、ライバルの多いアイテムの場合価格競争が激しくてどうしても現地バイヤーの提示している金額ほど落とすのは難しい、ということ

直接買い付けに行ったりすることができる人は大丈夫なんだろうけど、私の場合は一度ebayのセラーを介して仕入れているのでどうしてもそこまで底値での提示ができない。

 

それでも無在庫販売はマジでありがたい。

バイマはライバルが少ないニッチで日本に売っていない人気商品を出すのにはいいかもしれない。

そこはセンスが問われるところではないかな、と。

 

 

実際バイマでも利益が出せつつあるしこれからも奔走していきたい所存。