ぺりぺりぺ

国内・国外問わず政治問題、学歴・貧富の格差社会など社会問題を始めエンタメ・節約ネタ・大学生活・ハリネズミとのイチャイチャ日和など幅広く書きます

皆の衆、ヤフオクが本気を出してきたらしい

タイトルの通りである。

ヤフオクが本気を出してきたらしい。まあ遅いんだが。

 

さて、最近ヤフオクが何が起こっているのか。

 

1 ヤフオク!毎日くじ

こちらは過去にも何回かありました。要はくじを引いた日に落札したら何%かのTポイントが付与されるというやつである。

 

1等 進呈率 100% 80名様
2等 進呈率 50% 260名様
3等 進呈率 30% 3,700名様
4等 進呈率 20% 235,900名様
5等 進呈率 7% 1,059,900名様
6等 進呈率 5% 上限なし

 

1日あたりの進呈ポイント上限は、1等30,000ポイント、2等15,000ポイント、3等5,000ポイント、4等4,000ポイント、5等2,000ポイント、6等は1,500ポイントです。(小数点以下切り捨て。また当選ポイントが1ポイント未満の場合は切り捨てられます)

 

これらしい(そのままコピってきた)

ちなみに私は20%までしか当たっていない。

ただオークションというものは開催期間というのがある。

今日2等引いたぜ!ウェイ!でもめぼしいオークションは明日終了か〜

みたいなね。

最近は4等引くとなんか買うもんネぇかな!?!?と探してしまう・・・その結果無駄遣いに。

賢く利用したいものである。

 

 

 

2 出品手数料実質0円キャンペーン

ヤフオク!に出品するにはまず450円くらいのプレミアム登録をしないといけません。ちなみに月額。

それに加え落札されると落札額の8.64%のシステム手数料がかかります。

これがでかい。

私は悪い子なので・・・質問欄から同梱希望の質問をもらったら一つのオークションだけ入札してもらって会計はまとめてという手数料逃れをしてしまっていた。

※ちなみにこれ、何度もやるとかんたん決済が使えなくなるっぽいから気をつけていただきたい。

手数料問題は出品者であれば誰もが頭をかかえる問題である。高額商品になればなおさら・・・

そんな時にありがたや救世主メシア的な存在である0円キャンペーン。

ただこれは手数料が全くかからないというわけではなく、手数料分が後日ポイントバックというもの。

ここまでは嬉しい気がするがここで落とし穴。いわゆる売り上げ高をヤフーマネーにチャージした場合に限るのである。要は普通に売り上げを振込口座に振り込んでしまうと対象外となる。

これがめんどくっさいのだ。ヤフーマネーはヤフーショッピングやヤフオク、ロハコなどヤフーが運営しているところでしか基本使う機会がない。

要はヤフオクに出品もバンバンするし落札もバンバンする、もしくはヤフーショッピングでバンバン買い物する、もしくは大きい買い物を控えている人にはありがたいがそうでない人には微妙なキャンペーンである。

まああれだよな、あれ

 

3 フリマ機能の追加

いやもはやヤフオクじゃないでしょ、と。

ヤフオクのいいところはすぐにお金が手に入るところ。

駄菓子菓子落札者側としたら届いた商品が不良品だったとして、出品者が悪い人でそのまま逃げられたらほぼほぼ泣き寝入りになってしまう。

このヤフオクのフリマ機能の場合フリマアプリと同じく購入者が受け取りボタンを押さないと売り上げが反映されないシステムになっている。要は取引中はヤフー側がお金を一時預かる形になるんすね。だから万一壊れてた!記載にない汚れがあった!といった場合でも出品者側にはお金が入っていないから安心。

あとフリマ出品の場合プレミアム登録は必要ないらしいけど手数料は10%(メルカリと同じ)かかるらしい。

これ使う意味あるんすか?

まあ打倒メルカリのために作った新機能なんだろうけど、せめてプレオープンって形で手数料はただにするとかしないと打開策にはならない気が。

 

 

 

まああれっすね。正直打つ手が遅かった感は否めない。

メルカリはあれだけ大きい市場になってしまったし、フリルは手数料を取らないからその分安く提供できる。

 

これからのヤフオクの未来とは・・・・・